鑑定書がなくても大丈夫

ハート宝石

買取には4C評価の鑑定書がなくても店舗で鑑定して査定してもらうことができます。
店舗により4Cのそれぞれに対して一定以上の評価が無いと買取をしてもらえないケースもあり、また小さなダイヤを半周もしくは一周並べたデザインのメレダイヤの指輪も不可能なところもありますが、一つ一つを鑑定してもらえる店舗もあります。
宝石の買取は無料で査定が行われているので、見てもらうだけでも可能です。
店舗によって査定額は違ってくるものなので、いくつかの店舗に査定に出して比べてみるのも賢明な方法です。

4Cという評価

素敵な指輪

使用していないダイヤなどの宝石の付いたアクセサリーはありませんか。
デザインが古かったり婚約指輪など裏側にネームの入ったものでも、宝石の買取に出すことができます。
ダイヤは、宝石としてカットして加工されたものには品質を評価する国際基準である4Cの評価が付いているものです。
4つの基準の頭文字を取ったのが4Cであり、それぞれに評価が付きます。
色を表すcolorは、無色に近いほど評価が高く黄色味を帯びているものは評価が低くなります。
しかし、ピンクやブルーなどのカラーダイヤモンドもあり、無色以上の高い評価がつく色もあります。
cutは研磨を表し、唯一素材に関係なく人の手によって加工された技術の評価を表すものです。
clarityは透明度を表し、傷や内包物の無いものが評価が高く、caratは重さを表し0.2gを1カラットとして表示します。

宝石買取とダイヤ

丸いダイヤ

日本全国では、宝石買取を専門としている店舗が増えてきており、使い古した装飾品などを高額で売却をするにはもってこいの状況にあります。
最近では、ダイヤなどの高価なアイテムの査定額について、様々なメディアで話題となることがあるために、少しでも高値で売却をするためにも、複数の店舗を訪ねてみることが良いとされています。
また、出張買取に応じている店舗も全国的に展開されているために、仕事や家事のために店舗へ訪れる時間が限定されている人にとっても、気軽に売却の依頼をすることができます。
たとえば、インターネット上の口コミサイトを利用することによって、ダイヤをはじめとする宝石を取り扱っている店舗についての情報を集めることができるため、日ごろからきちんと店舗の見極め方についてコツをつかむことが大切です。
特に、ダイヤなどの宝石はランクが定められていることから、査定額について関心を持っている場合にはこうした情報に気を配ることが重要です。そのほかにも、保存状態によっても査定額が大きく変動することがあるために、なるべく傷がつかないように保管をしておくことが望まれています。

多くの日本人にとって、宝石買取の店舗はそれほど身近な存在ではありませんでしたが、サービス品質の高い店舗が都市部を中心として目立っているために、今となっては人々の生活の中に密着してきています。
将来的にもダイヤなどの宝石買取を依頼する人の数がさらに増えるとみられています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930